ハッピー国際結婚

ハッピー国際結婚

幸せなだけじゃない!悩み多き国際結婚

国際結婚と聞くと「かっこいい」「セレブ」などのイメージがありますが、それは周りの目や憧れを抱いている人たちの目線です。もちろん幸せな結婚生活満喫中というカップルもいますが、意外と渦中の人間のなかには悩みを抱えている人もいるものです。たとえば、結婚する前の一番のハードルは両親です。将来子供に面倒を見てもらおうとあてにしていた、文化の違う国の人との結婚は苦労しそう、もし結婚するのが娘さんの場合は愛する娘を目の届かない海外に嫁にやる不安もあるでしょう。両親の激しい反対を振り切ってほぼ絶縁状態になる人も中にはいますが、その中には仲直りしたいと悩んでいる人も少なくありません。次に結婚や出産に伴う様々な書類の手続きが大変という悩みです。お互いの国の法律が違うので日本人同士では必要のない書類が多く、手続きの方法などの情報も少ないです。またビザの更新などに出費がかさむのも悩みどころです。そして日本に住むにしろ、海外に住むにしろ、外国人に対する偏見が付いて回ります。どこの国に行っても多かれ少なかれ偏見を持った人間はいますので、結婚生活が続く限りは避けられない問題なのです。

複雑な国際結婚の悩みについて説明していきます

国際結婚の悩みには、お互いに育った環境がとても違う場合には、生活をしていて合わない部分が出てくる事です。例えば、宗教が違っていたりする場合には、どちらかの宗教に合わさないといけない場合も出てきます。言葉の違いも大きな問題になります。言葉が違うせいで、思っている事が相手に正確に伝えられない時があるので、それがトラブルの原因になる事も少なくないです。食べ物の問題もあります。お互い、子供の時から食べている食習慣はそう簡単に変えられるものではないですし、しかし、生活を一緒にするには、どちらかに合わさないといけない場合も多いです。お金の問題もあります。日本国内で結婚をする場合に比べて、両国間を行き来しないといけない場合も多いので、その為の飛行機のお金などが沢山かかる事になります。2国間の国交の問題もあります。2国間の国交が急変して、入国できない場合も起こり得るので、その場合の覚悟をしておかないといけないです。

recommend

Last update:2017/3/23

▲ページ先頭