ハッピー国際結婚

ハッピー国際結婚

あこがれの国際結婚の手続き

国際結婚をすると、どちらか相手の出身国に住むことになり、文化の違いなどから生活面で苦労することは多いでしょう。食べ物の違いや言葉の壁、相手の家族との付き合いや帰省への不安などいろいろあります。しかし、最近国際結婚は増え、日本人と外国人のカップルを目にすることが増えました。最初に直面するのは諸々の手続きです。それぞれの国で法律が異なる為、婚姻届やビザの更新、子どもの国籍など、日本人同士の結婚では不要な手続きが多いことでしょう。相手のことをよく理解しあい、お互いに受け止め合っていくことなどが共に生活するにおいて重要です。理解しあえるからこそ他国でも相手を思いやり、お互い尊重することを大切にしていけるのでしょう。日本人同士にはない苦労もある国際結婚ではありますが、日本人同士の結婚で経済的格差があっても結婚は可能なように、国籍の壁を一緒に乗り越えていけるからこそ、これからの人生を共に歩んでいけるパートナーといえるでしょう。

国際結婚をした場合に必要な手続き

最近は日本にも国際化の波が広がり、国際結婚も増えてきました。いざ、自分がその立場になった時に気をつけなければならないのは手続きの方法です。日本人同士の結婚であれば役所に婚姻届を出すだけでよいのですが、配偶者が外国人の場合はそれだけでは十分ではありません。もし、海外で結婚するというのであれば手続きの方法は国よって千差万別なので、ここでは国内で結婚したケースについてのみ説明をします。まず、最初に役所に行って婚姻届を提出するのですが、外国人である配偶者は身分証明としてパスポートの他に婚姻要件具備証明書を一緒に持ってこなければなりません。これは本人が独身であり、結婚をしても本国の法律に抵触しないことを証明するもので、母国語で書かれた書類に日本語で訳したものを添えて出すことが義務付けられています。手続きが終われば結婚自体は成立ですが、今度は配偶者側の国からも了承を得なければなりません。婚姻届を出してから3か月以内に婚姻受理証明書が発行されるので役所の戸籍窓口でそれを受け取って夫婦一緒で在日大使館に行ってください。

おすすめWEBサイト 5選

2017/1/26 更新

▲ページ先頭